本当に無料なのか

握手

英会話教材の中でも、インターネットでよく宣伝しているのがプロジェクト2020と呼ばれるものになります。このプロジェクト2020は、インド人のチサンチョードリーさんと呼ばれる人が開発した英会話教材になります。基本的には、スマートフォンを利用することで英会話を学んでいくシステムです。スマートフォンを利用して、講師とマンツーマンで話をする形で少しずつ英語の苦手意識をなくしていくだけでなく、わからないところを解消し話ができるようにします。このときの費用はどのようになっているかと言えば、インターネットの口コミなどで見ると無料になっていると書かれていることが多いです。実際に無料になっているのは嘘ではありませんがすべての勉強が無料でできるわけではありません。そもそもそのようなサービスを提供してくれる理由もないでしょう。費用に関して見ると、基本的に最初の5回分の動画に関しては無料で提供しています。この動画は、英会話を学ぶものではなく英会話を学ぶための心得や、どのようなやり方で英会話を進めていくかの説明になります。つまり、無料でできる分だけを視聴したとしても、それだけで英会話ができるようになるわけではありません。ただ、チサンチョードリーさんの考えていることがよくわかるため、いちど見てみると良いでしょう。それぞれ1時間の動画が5本になりますので、それなりの時間が必要になるところです。

目的がはっきりしていると良い

握手

プロジェクト2020で英会話の勉強する場合、最初の5回分の動画だけは無料で閲覧できるものの、それ以外は費用がかかりますので、目的をしっかり持つ必要があります。例えば、これから海外に行って本格的に英会話お話見聞を広げたい場合や将来ビジネスをするために利用する場合です。ただ、プロジェクト2020の英会話に関しては、初級者ようになりますので既にどこかで英会話を学んでおり基本はできていて、さらにそれ以上力を向上させたい場合にはあまり向かないと言えるでしょう。どちらかと言えば、中学生から高校生位の時に英語を学び、それでもなお英語が苦手な場合や、いざ英会話になると全く話すことができない人向けになります。

初心者向けの内容とは

握手

プロジェクト2020の内容は、大きく2種類に分かれています。1つは、旅行に行く時に使えるレベルの英会話です。旅行に行く時を想定すると、ホテルのチェックインの場面や買い物をする場面そして飛行機に搭乗する場面なのです。このような場面で英会話を使うことができれば非常に便利ですがそれをプロジェクト2020で学ぶことが可能です。初心者が特に目的を持って行う分には、非常に有意義な時間を過ごすことができるでしょう。費用は、30フレーズのコースつまり海外旅行に行ったとき基本的な英語を話すことができる学習内容ならば、およそ10万円程度になるでしょう。

広告募集中